元・犬夜叉備忘録
感想書き、終了しました。ご愛読(?)ありがとうございました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かごめの霊力
今週は、予想通り瞳子が成仏し、奈落が逃走しました。が、かごめがスキルアップしたかどうかについては、ちょっと判断できません。
私ごと奈落を撃ち抜きなさい、と瞳子に言われてかごめはためらいますが、今撃たなければ、あなたは永遠にこの地獄から抜け出せない、と瞳子が真剣な表情で忠告します(連れてきたの、アンタでしょうが)。よく見て。信じて。瞳子に背中を押されるようにかごめは弓を構えました。そして奈落がほくそ笑んでいます。
さすが、殿。かごめが瞳子ごと奈落を撃とうとしているのをちゃんと知っているのですね。これでかごめが瞳子を撃つことになり、かごめの心が穢れる、と奈落は大喜びしています。もしかしたら、かごめに瞳子を撃たせるために、わざと瞳子の背後に張り付いていたのかもしれません。
力を貸して、と弓に願いを込め、かごめは矢を放ちました。私が撃ちたいのは、奈落!! 矢は瞳子の手前でフッと消滅し、瞳子の背中から奈落に向かって飛んでいきました。つまり瞳子の身体をすり抜けたのです。そして、顔面しかなかった奈落を木っ端みじんに打ち砕き、社の結界は解かれました。
蜘蛛の糸の消えた社で瞳子がかごめを見下ろしながら言います。あなたは不思議だ、と。かごめは確かに弓の霊力を使って矢を射たけれど、その瞬間でさえ、あの弓を使いこなせる霊力をかごめから感じとることができなかったそうです。そして、瞳子は床の上に仰向けに倒れました。今にも元の亡骸に戻ろうとしている時でさえ、まだ瞳子はかごめに言葉を与え続けます。あなたの霊力は、何かに封印されている。おそらく、生まれた時から。
奈落とかごめの戦いのとばっちりを受け、あっさりと、ある意味虫けらのようにその命を奪われた瞳子。本意ではなくかごめを追い詰め、その矢で射られて永遠に地獄の業火で焼かれる所だったのに、恨むでもなく憤るでもなく、ただ、気づいたことをかごめに話し続けます。まるで救ってもらった礼を言うかのように。蜘蛛の糸と結界の消えた社に仲間たちが集まってきたとき、瞳子はもう静かに亡骸となっていました。弥勒がちょっかい出すヒマもありませんでした。瞳子は村人の手によって丁重に葬られ、弥勒の助言で、塚を建てて祀ってもらえることになりました。これからのことを考えると、村人もさぞ心細いことでしょうが、瞳子が村の守り神として存在し続けてくれるといいですね。
無事、瞳子の村を後にしながらかごめは考えました。私の霊力は封印されている。生まれた時から。それができるのは…桔梗しかいない。

桔梗様、死んでもまだまだ出番がありそうですね。この先、かごめの霊力の秘密が解き明かされるのでしょうか。
かごめには霊力をコントロールする力が不足しているのではなく、霊力自体が封印されていたのですね。封印したのはやはり桔梗なのでしょうか。
かごめの霊力といったって、この世に生まれるまでは、かごめはまだ桔梗だったはずです。つまり、桔梗は自分で自分の霊力を封印したのでしょうか。今度生まれてくるときには普通の女の子になりたい…とかいって。
もしかして、自分の霊力を封印することで、あの世に持っていった四魂の玉を封印しようとしたのかもしれないな。かごめにもし何の力もなかったら、四魂の玉はそのままかごめの体内に封印されたままだったかもしれません。かごめが生まれてきっちり十五年後に戦国タイムスリップ騒ぎと四魂の玉出現騒ぎが起こったのは、封印の効力が十五年で期限切れを迎えたのか、それとも十五歳という年齢が霊力に目覚める年頃で、かごめの霊力を桔梗が封印し切れなくなったのか。
確かに、生まれ変わりにしてはかごめと桔梗の能力に差がありすぎますね。かごめが現代育ちで、霊力というものがよくわかっていないからかと思っていましたが、封印されていたとは。それでは、かごめの霊力が桔梗に及ばないのも無理はありません。
でも…。かごめが生まれる前に桔梗がその霊力を封印したとしたら、50年前、犬夜叉を封印して自分も力尽きる時だったのではないでしょうか。四魂の玉をあの世に持っていく時に、「玉を抱えたまま生まれ変わったらまずいな」と思ったような気がします。あのまま無事に、四魂の玉を犬夜叉人間化に使い、消滅させることができたら、自分が生まれ変わった後の霊力を封じる必要はないでしょう。
ということは、蘇ってからの桔梗は、かごめの霊力を封印したことを覚えていたはず。奈落を倒すのにかごめの力が必要だと思えば、封印を解くべきだったのではないでしょうか。再び力尽きる瞬間、犬夜叉と昔話などする前にかごめの封印を解いてあげるべきだったのではないでしょうか。もし、かごめが自分と並ぶ霊力を持つことを桔梗が嫌がったとしたら…意地悪ですね、桔梗。いえいえ、きっと何か事情があったのでしょう。かごめの霊力を封印し、その封印を解けない事情が。もしかしたら、封印解除のタイマーが、もうかかっているかもしれません。あるいは、桔梗がやったのではないかもしれないし。
というわけで、かごめがスキルアップしたのかどうかよくわかりません。かごめのスキルアップは封印が解けたとき、ということになるのではないでしょうか。今回もすばらしい力を発揮して奈落の顔をコッパにしましたが、いままでのかごめでもブチ切れるとこの程度の力は出せたのではないかと思います。
それにしても、くどいようですが奈落、対バージョンアップ飛来骨対策はできたのでしょうか。今回顔面のみの登場だったのは、もしかして珊瑚に粉砕された身体がまだ再生できていなかったからだったりして。それで今回顔面も粉砕されましたが、あれでくたばるはずはありません。次回、どんな姿で登場なさるのでしょうね。あんまり、顔四分の一みたいなグロい姿では登場しないでほしいので、早く復活されますようお見舞い申し上げます。




Kこさん、拍手コメありがとうございました~。うっ、原作読んでない人がここにもいたか。私も、詳細なあらすじを最終回まで必ずアップしてくれるってところがあれば、立ち読みに行かないかも(笑)。このまま先細りでなく、最後にパッと盛り上がって欲しいですね。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。