元・犬夜叉備忘録
感想書き、終了しました。ご愛読(?)ありがとうございました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆砕牙
ついに、兄上が真の武器を手に入れました。その名も爆砕牙というそうです。鉄砕牙と対になるのはこの爆砕牙なのでしょうね。てっきり天生牙がグレードアップするのかと思ったら、別物だったなんて…。天生牙の立場はどうなるのでしょう。まさか、りんを蘇生できないお助け刀なんていらんなんて捨ててしまわないでしょうね、兄上。
奈落に借りた身体で殺生丸をぎゅうぎゅうに締め上げた曲霊ですが、殺生丸の左肩から発するわけのわからない光にひるんでいます。その様子を、空飛ぶ牛にのって上空にわいて出た刀刀斎が見守ります。
このじじいが現れたということは、ついに殺生丸が真の武器を手にする時がきたのか? と、ドキドキしながら読んでいると、なんと兄上も「刀刀斎が現れたということは…」なんて思いを巡らしています。それじゃ読者レベルじゃないですか、兄。自分の左肩から妙な光が発するのをどういう思いで兄上が見ていたのかわかりませんが、刀刀斎が現れたことでその光と自分自身の真の武器を結びつけた兄上、左肩の光を振り回しました。
曲霊の身体が切り裂かれて落下し、拘束されていた兄上は解放されました。神々しい光の中に現れたのは、半身にラーメン屋のどんぶりの模様みたいなのが刻まれた新しい刀をしっかりと握った兄の左腕でした。
あれが中華マークに見えてしまったのは私だけかもしれませんが、そんなことより私は、あの刀が兄の腕と一体化してしまっているのではないかと、見た瞬間ギクリとしました。刀と一体化した腕がにょきにょき生えてくるのではないか、なんて書いてみただけで本気で思っちゃおりませんでしたが、いかにもそんなような絵柄だったもんで。しかし、兄の左腕はちゃんとまともに生えてきたようで、爆砕牙と一体化などしていないようです。当然ですね。一体化するなんて、兄上にはダサ過ぎます。Tシャツに貼り付いた蛙じゃあるまいし。
曲霊が地上に落下した身体を再生しようとしますが、うまくいきません。爆砕牙は切った後も効力が続くようで、再生しようと地上でうごめく曲霊の身体は、刻まれ続けています。どうせ借り物とうそぶく曲霊の顔面も、爆砕牙で切り裂かれてしまいました。
さて、本体は?
…逃げたようですね。ふ(←ため息)。
顔面など放置して、右手でサッと天生牙を抜いて、本体を切るべきでしたね、兄上。爆砕牙の出現に、さすがのポーカーフェイスも顔だけで、内心は舞い上がっていたのでしょうか。刀刀斎曰く、殺生丸が父の形見への未練を捨て、妖怪として立派に独り立ちしたから刀が現れたのだそうです。鉄砕牙を奪おうとして失った左腕が生えたのが、鉄砕牙への未練を捨て、父を乗り越えた証拠だとか。
多分、兄上だって立派な妖怪なのだから、腕一本くらい簡単に再生できるんじゃないかと思います。ぼろぼろにされた右腕だって、気力で無傷状態に再生できたのですから。それを、体内の爆砕牙が長年邪魔していたのではないでしょうか。鉄砕牙のために失った腕は、鉄砕牙を諦めるまで再生させてやらないよ、なんて。
さて、めでたく曲霊が逃走し、一件落着したせいか、かごめが目を覚ましました。かごめより先に琥珀が目を覚ましていたら、まだ穢れたかけらで奈落に操られていたのでしょうか。かごめが先に目を覚ましてよかった、と思うべきなのかもしれませんが、どうやら何か問題が生じそうです。目を開いたかごめのすさんだ顔は、何度も万引きで捕まり、聞き飽きた説教を親だか教師だか警察だかに聞かされている少女のようです。あるいは手下がパクられた報告を聞くスケ番のような…。四魂の曲霊に反応して、かごめに何か異変が生じたのでしょうか。頼むから、さっさと正気を取り戻して、琥珀のかけらを浄化してあげてください。

父が兄に残した物は兄の体内にずっとあったのです。時機が来て、兄は自分でそれを体内から取り出しました。そういえば、鉄砕牙も犬夜叉の体内にあったようなものですよね。体内ではなく別の場所でしたが、そこへの道は目玉に封じ込まれていたのですから。もしもあのとき兄に鉄砕牙への強烈な執着がなかったら、犬夜叉を問い詰めることなく自力で見つけ出そうとしていたら、果たして犬夜叉は鉄砕牙を手に入れることができたのでしょうか。弟に残された刀の元に弟を案内し、自分は自分の刀を手に入れるなんて、いかにもお兄ちゃんらしい。というか、兄って損な役回りなのかしら。
ところで、爆砕牙の鞘ってどこにあるのでしょう。後産で胎盤がでてくるように兄の左肩から時間差で出て…きそうにはありませんね。今から作るのかしら。そういや鉄砕牙も生身で地面に突き立っていたような記憶が…。鉄砕牙の鞘ってどこにあったんでしたっけ。すっかり忘れてしまいました。次回、爆砕牙は当然のように鞘に収まって、殺生丸の腰にささっているのでしょうね。

★拍手ありがとうございました。

か○こ様。兄の腕復活しましたねー。まさか、復活するとは思いませんでした。もしも、殺生丸の活躍に慰められる腕一本失った少年読者が読んだら「裏切りもの~!」と思うのではないかと、実はドキドキしましたです。やっぱり妖怪はいいよなとか、SFものなら、超能力者はいいよな、とか無能な人間である私はすぐにすさんだ気持ちになってしまいます(←性格が悪い)。兄上は片腕でもカッコ良かったですよねー。そそ、弟はもう少し兄を敬わなければなりません。兄も「昔からんで悪かったな」と口には出さずとも、普段さりげなーく助けてくれたりしてるのですものね。


初めまして様(お名前じゃないのはわかってますが、お名前がなかったのでとりあえず)。楽しんでくださってありがとうございます。今回更新が遅れておりましたので、なにやら尻を叩かれた気分です。最終回までがんばりたいとは思いますが、何せ少年サンデーを購入したことがありませんので、意地でもこのまま購入せずに読み続けたく、近所のコンビニが閉店したら、終了させていただくかもです~♪

○○○ま様、ご訪問ありがとうございます。おお、オエビにB×さんが入り浸っておられるうらやましい管理人様ですね。○○○ま様は王道の主人公ファンなのですか? 私はあえて言えば原作者ファンかな。たくさんいる脇役キャラがみんな魅力的に思えます。ただ、一言言わせていただくと。
これは、日記ではありませーん!
更新、がんばりますね。コンビニが閉店するまで。

余談ですが、行きつけの立ち読みコンビニのある場所はころころと店が変わっており、先代の店はハンバーガー屋さんでした。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。