元・犬夜叉備忘録
感想書き、終了しました。ご愛読(?)ありがとうございました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕らえる
やったー。やっと曲霊が退場しました。めでたしめでたし。

結果だけ知りたかった方のために結論から入ってみました。この後を読む手間が省けるでしょう。順序よく知りたかった方、原作を(できれば買って)読んでくださいね♪
前回犬夜叉が、妖怪化しているくせに、落ちていったかごめを追いかけていきました。曲霊の支配力もたいしたことないです。そのことに自分で気づいていないらしいのが醜悪。人間、自信を持たねばならないときもあるでしょうが、謙虚であることを忘れてはいけません。曲霊は妖怪の霊魂だから謙虚さを知らないのでしょうか。
犬夜叉は鉄砕牙など目もくれず、一目散にかごめを追い、かごめが墜落する前にふわりと受け止めました。「かごめの声が聞こえた」なんて、ちゃんと会話できてますよ。鉄砕牙なしで心を取り戻した犬夜叉を見て兄上が感心した様子。曲霊に向き直り、取り憑いた相手が悪かったのではないか、さあどうする、と移動をそそのかします。曲霊が犬夜叉から出た一瞬が、唯一、天生牙で曲霊を始末できる瞬間なのですね。しかし、犬夜叉の目の前にはかごめ。曲霊は犬夜叉から出て、ざわざわとかごめに取り憑き始めます。かごめに「逃げろ」と言う殺生丸。
ほお、相変わらずかごめの保護者のようですね。曲霊をかごめに移動させて、かごめもろとも斬り捨てるなんてこと、昔の殺生丸ならやっても不思議はなかったはずなのに。今の殺生丸はしっかりかごめの味方なのです。なんだかうれしいな。
殺生丸に逃げろと言われたけど、かごめの身体は動きません。ちょっと手遅れでした。曲霊の一部がかごめの中に入ってしまい、かごめを支配しています。かごめが動けないのなら、と犬夜叉がかごめの側から飛び離れました。犬夜叉から出ていた曲霊の一部が天生牙の餌食になりますが、まだ一部はかごめ、一部は犬夜叉の中に入っていて、痛くもかゆくもないみたいです。自分を斬りたくば、犬夜叉とかごめの身体を切り刻んで、取り憑く身体をなくしてしまうことだ、と曲霊が助言してくれました。さあ、困りました。しかも犬夜叉もまた意識が朦朧として、心を手放そうとしています。
他に方法がなかった場合、殺生丸が犬夜叉とかごめを切り刻むという曲霊お勧めの手段をとったかどうか知りたいところですが、残念ながらそれはできませんでした。犬夜叉が朦朧とした意識の端で鉄砕牙を捕らえ、意識を失う前に飛びついて拾ったのです。犬夜叉の手に握られると同時に鉄砕牙は竜鱗の鉄砕牙となりました。鉄砕牙に引き寄せられるように、かごめの中の曲霊が出ていきます。そして、犬夜叉の中の曲霊も追い出されました。さらに、妖怪化して強力になっているのか、犬夜叉の妖穴が、曲霊を捕らえて放しません。つまり、曲霊は犬夜叉の近くで生け捕られてしまったのです。
本当に、取り憑いた相手が悪かったな、と兄上が冷静に呟き、曲霊に天生牙を振り下ろしました。なにやらゲームの中ボスみたいなセリフを吐きながら、曲霊は消滅しました。
そして、かごめに異変が起こりそうです。なんだか霧が晴れるような感じなのだそうです。曲霊に封印されていた霊力がついに解放されるのですね。

やっと曲霊が退場してくれました。ということは、四魂の玉の中で戦っている翠子の魂が楽になったりするのでしょうか。四魂の玉の穢れに影響はないのでしょうか。曲霊が消え、犬夜叉が心を取り戻し、かごめが本来の霊力を取り戻し、約三名の増援もあるし、いきなり有利になりそうな気配なのですが、どうなるでしょうね。あ、りんがまだ奈落の手の内だったか。でも、それを言ったら全員奈落の体内に捕らえられた人質みたいなもののような気もしますが。
ところで、竜鱗の鉄砕牙ってああいう能力もあったのですね。敵の妖力を吸い取るというのは知っていましたが。犬夜叉の中から異物を押し出す能力もあったのか。そんなことができたのに、最初に曲霊に入り込まれたときには追い出せなかったのですね。ふーん…。そして、妖穴に曲霊を固定する力があったとは。妖穴って、妖力の源ですが、斬られれば死ぬ弱点みたいなものかと思っていました。そんな力があったのね。ふーん…。曲霊が固定されたとき、犬夜叉にはその理由がわからず、自分の妖穴が曲霊を捕らえているのを見て驚いていたような気がします。持ち主の意志で働くわけではないのか。ふーん…。
天生牙に実は冥道を作る力があったと知ったときも驚きましたが、あれはちゃんと段階を踏んで説明されていたのでいいとします。けど今回一度にいろいろと都合のいいことが起こったので、ちょっと心配になってきました。もしかして、展開を急いでいる…? もしかして、この春に、実際の入学式の頃に決着がついてかごめが高校生になって連載が終わることになっているのでしょうか。確かにもうかごめは中学を卒業したのですから、高校の入学式まですぐでしょうけど、そんなに早く終わってしまうのでしょうか。寂しいな。でも、奈落との最終決戦の途中で「今日、入学式だからちょっとだけ実家帰ってきまーす」ってわけにはいかないんだから、早く勝負をつけなければなりませんね。
そして、そのかごめの霊力がついに解放されるようです。いったいどんな能力に目覚めるのでしょうね。今までの設定が、神社に生まれた平凡な女子中学生で、巫女の生まれ変わりでちょっとした霊力を引き継いでいるという程度でしたが、これからは桔梗も真っ青なスーパー霊能力者になってしまうのでしょうか。等身大のヒロインは返上して、ラムのように空を飛んだり電撃かましたりするような超能力者に変身してしまうのでしょうか。武空術や放電はともかく、戦力として急成長しそうな気配ですね。どうか戦国SFになってしまいませんように。
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。